私たちは日本の中堅・中小企業の安定成長を支援します

HOME  研究所概要  所在地  トピックス  サイトマップ

経営戦略研究所 経営戦略研究所 MSI
M&A部門説明に戻る
1. 経営者の皆様へ
50%の中小企業が後継者の育成に悩んでおられます
現在、中小企業のおよそ50%は後継者の育成に悩んでおられます。急激な経営環境の変化の中、後継者の育成がままならず財務内容が悪化している企業が多くなっており、このままにしておくと事業継続に困難をきたすことにもなりかねません。

経営戦略研究所では、こうした経営課題に対応すべく、平成7年から「経営後継者育成研修」を実施し、ご利用いただいた経営者の方々から高いご評価をいただいております。

50%の中小企業が後継者の不在に悩んでおられます
およそ50%の中小企業は後継者がいないといわれ会社を廃業・清算される方も多くおられます。
しかし、会社を清算してしまうと、今までに培ってきた技術や事業、取引先との関係などを消滅させるばかりでなく、そこで働く従業員を路頭に迷わせることにもなります。また、清算した場合には創業者利潤を十分確保することができない場合が少なくありません。昨今は後継者不在を理由として譲渡を希望される企業のご相談が増えて来ました。

経営戦略研究所では、こうした譲渡希望企業に対して、従業員や事業・技術・取引先との関係等を承継していただける譲受企業を探索し、株式譲渡・営業譲渡・会社分割等の友好的M&A手法を駆使し、その企業に一番適した方法を相談者と共に考え、問題解決に当たっています。

事業承継は早目の対応が成功の秘訣
M&Aに当たっては成長意欲が旺盛な譲受希望企業への橋渡しが承継の成功要因ですが、同時に、譲渡をお考えの企業には早めにご相談いただくことが大切です。後継者の教育も早めの対応が必要です。特に、M&Aは経営者にとってデリケートな問題だけに誰にも相談できず、一人で悩んでおられるケースが多く、そうしている間に最も有利な譲渡時期を逸してしまう、または手遅れになってしまうことがまま見られます。

こうした課題をかかえる経営者の皆様は経営戦略研究所の事業承継支援プログラムをご理解いただきご相談ください。

Copyright (C) 2006-2011 MSI All rights reserved